意外と怖い ’歯ぎしり、かみしめ’

      2019/12/02

意外と怖い歯ぎしり、かみしめ

歯を失う原因

歯を失う原因の移り変わり
歯を失う原因は 虫歯 歯周病 歯の破折です。一般の方は歯が折れてしまうことをあまり知りません
2005年では11%2018年では17.8%です。歯磨きの良い人に限っていうと62%が歯の破折です。これからいえることは 歯を良く磨き歯科医院で定期的に歯垢を落として管理すると虫歯や歯周病はかなりコントロールできるということです。


毎日上下の歯がカチカチ当たり、それが50年60年と続くと歯に亀裂が入ってきます。そして割れます。人生100年といわれ始めた今 歯の破折に対する対応を考える必要があります。

対策
1、歯の神経(歯髄)をとらない、虫歯が原因で痛みが出た場合神経をとる処置をすることが多いので、その前に歯の治療をすることです。定期的に歯科医院を受診して歯垢(歯についた汚れ)を落とすことを強く

   お勧めします。歯垢を落とすと虫歯の状態がよくわかります。

2、歯ぎしり、かみしめ、に注意をする
  食事の時以外に上下の歯が当たっていることは良くないということをまずわかってください。癖で上下の歯を接触させている人、それが良い状態と勘違いをしてる人が非常に多くいます。
 首を前に傾ける状態(スマホや読書等)は非常に注意する必要がります。上下の歯が接触していることが多く、もし接触している場合強さは弱いのですが時間が非常に長いので、歯には想像以上に負担がかかります。

 下図のように  

  唇を軽く閉じて 上下の歯を離す、そして顎の周りの筋肉の力を抜く これが良い状態です。

 下図のように

  上下の歯が接触している状態は悪い、歯に非常に負担がかかります。これをしないようにしましょう

 

 

 

 

当院での対応

1、マイクロスコープ(顕微鏡)やダイグノデント(レーザーによる検査機器)を使用して歯の亀裂を詳しく検査します

2、リスクが強い歯の形態を修正して歯にかかる負担を減らします

 下の写真のように 歯の中央が強くすり減っている歯は歯が真ん中から破折して抜歯になってしまうリスクが非常に高い、これを見つけて歯の形を修正することが非常に重要です。

 

市原市五井の歯医者 つねいずみ歯科医院 (常泉歯科医院) 歯ぎしり、かみしめ対策 



つねいずみ歯科医院:https://www.tsuneizumi.com

電話:0436-24-0104
住所:〒290-0056 千葉県市原市五井2458-3(白金通り 三越ギフトショップ近く)
最寄り駅:内房線五井駅より徒歩7分

PAGE TOP